• ホーム
  • 診療メニュー
    • 虫歯治療
    • 矯正歯科
    • 根管治療
    • 小児歯科
    • 歯周病治療
    • マタニティ歯科
    • 審美歯科
    • 親知らず
    • インプラント治療
    • 予防歯科
    • 入れ歯
  • 選ばれている理由
  • 院長紹介
  • 医院案内

インプラント・入れ歯治療

  • TOP
  • インプラント・入れ歯治療

失った歯を取り戻しましょう

インプラント治療とは、歯を失った部分に骨と結合するインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を取り付けて歯の機能を回復する治療法です。大阪府・藤井寺駅より徒歩30秒の歯医者「ふじいでら駅前歯科.」では、患者様のお口の状態をしっかりと把握したうえで、ご要望に沿ったインプラント治療をご提供しています。

インプラントとは

人の歯は、上下の歯と舌、顎関節や筋肉などすべてが機能を果たすことで、お口と身体のバランスを保っています。そのため、たった1本でも歯を失ってしまうとバランスが崩れ、健康な歯へ負担をかけるだけでなく、最終的には身体へ悪影響を及ぼします。

インプラント治療では、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋入し、その上にセラミック製の人工歯や特殊な入れ歯などを装着。周囲の健康な歯を削らずに、天然の歯に近い状態へ回復させます。お口と身体のトラブルに見舞われる前に、失った歯の機能は早めに取り戻しましょう。

インプラント治療とその他の治療との比較

歯を1本失った場合

従来のブリッジ治療
失った歯の両隣の歯を橋桁のように支台とするため、健康な歯を削る必要があります。
インプラント治療
歯を失った部分にインプラントを埋入し、その上から人工歯を被せるだけなので、他の歯を削る必要はありません。
歯を2本以上失った場合

従来の部分入れ歯治療
入れ歯を金具で固定しているため、支えている歯へ負担がかかり、また装着時の違和感を覚えることも。
インプラント治療
固定するための金具は一切使わないため、他の歯に負担をかけることはなく、異物による違和感もありません。
歯を全部失った場合

従来の総入れ歯治療
総入れ歯がお口の中で動きやすく、話しづらさや咬みづらさを感じることがあります。
インプラント治療
インプラントでしっかりと固定できるため、日常において不便を感じることはありません(マグネットを使用した治療例)。

インプラント治療の流れ

1カウンセリングと検査

インプラントは、患者様のお口の状態によってさまざまな治療法があります。提携医院でCTを撮影撮影していただき、そのCTデータを元にカウンセリングと検査を行い、患者様のご要望を踏まえたうえで治療方針を決定していきます。

2手術~1回目~

インプラントを埋め込むために、歯ぐきを切開して顎の骨を削ります。麻酔を使用しますので、痛みを感じることはありません。ご安心ください。

3治癒の期間

1回目の手術後、約3~6ヶ月の治癒期間を設けます。インプラントは骨と結合する性質があるため、この治癒期間では結合によって安定させることも目的としています。

4手術~2回目~

インプラントと骨が結合して安定した後、その上に人工歯を被せるための連結部分(アバットメント)を装着する二次手術を行います。手術による傷がふさがるまで、約1週間~6週間の期間を設けます。

5人工歯の製作と装着

傷がふさがった後、歯型を取って人工歯を製作します。患者様それぞれに合った色味や形をした人工歯をインプラントに装着します。人工歯の素材も多様ですので、事前にしっかりと話し合って決定していきましょう。

当院のインプラントメニュー

ソケットリフト

インプラントを埋め込む際、顎の骨が足りないために手術を受けられないケースもあります。当院では、骨の再生を行う「ソケットリフト」という治療法で対処することができます。これは、上顎の上部にある「上顎洞」を下から押し上げ、骨補填材などで骨の厚みを作る方法です。

GBR

GBRとは、顎の骨の不足部分にメンブレンという特殊な膜を貼り、骨補填材を入れて骨の再生を促す療法です。これは歯周病治療にも用いられています。

インプラントオーバーデンチャー

2~6本のインプラントを片顎ごとに埋入し、それを支台にして人工歯(総入れ歯・部分入れ歯)を取り付ける治療法です。埋め込むインプラントの本数を減らせる点がメリットですが、固定されにくいといった心配はなく、しっかり咬むことができます。

合わない入れ歯で我慢していませんか?

入れ歯が合わないと、食生活や全身の健康にも悪影響が出てしまうことも。ふじいでら駅前歯科では、そうした患者さまを一人でも多く助けられるよう、丁寧に時間をかけ、その患者さまに合った入れ歯をお作りしています。 保険内の入れ歯の他に、特別な自費の入れ歯のご提案も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

総義歯について

【保険適応】プラスチック義歯(保証なし)

メリット
保険が適用されるため、費用負担を抑えることができます。素材はプラスチックですので、破損が生じても、修理がしやすい特徴があります。治療期間が短く、6カ月ごとに再製作できます。
デメリット
床の素材はプラスチックですので、臭いや汚れが吸着しやすかったり、長期間の使用で変色やすり減りが起こったりします。また、製作する上で一定の厚みが必要となり、それが強い違和感となることもあります。総入れ歯の場合は、プラスチックの面積が広がるため、食べ物の味や温度が分かりづらくなることがあります。
【保険適応外】コバルトクロム義歯 \216,000(4年保証)

メリット
保険適応入れ歯の約1/3という薄さで作れるこの入れ歯は、お口の中を広く感じさせてくれます。 また、金属のため熱伝導性に優れ、食べものの熱さ、冷たさが分かりやすく、より自然な食べ心地を実感でき、美味しく食事をすることができます。さらに、汚れが付着しにくいというメリットもあります。
デメリット
保険適用ではないため、プラスチック義歯に比べて費用はかかってしまいます。顎の形によっては製作できないこともありますので、まずはご相談ください。

部分入れ歯

部分入れ歯は、抜歯後の粘膜に人工歯のついた床を乗せて支え、残った歯にバネをかけて安定させるものです。

【保険適応】プラスチック義歯

メリット
費用負担を抑えることができます。素材はプラスチックですので、破損が生じても、修理がしやすい特徴があります。
デメリット
残っている歯にかけるバネが金属なので審美的に良くない。
【保険適応外】ノンクラスプデンチャー ¥108,000~ (4年保証)

メリット
金属が無いので見た目がスッキリ
入れ歯とは気づかれにくいノンクラスプデンチャーの見た目は、とても大きなメリットでしょう。別名エステチックデンチャーと呼ばれるのもうなずけます。 見た目が気になる方や、若い方にも好評です。
違和感が比較的少ない
非常に軽く、柔らかい性質を持っていて、金属が無くすっきりしているので、装着感も普通の入れ歯と比較して違和感が少ないです。落としたり、少し手荒に扱っても、壊れることが少ないのもメリットです。
デメリット
費用がかかる点と、素材の寿命が短いと言われています。

時間をかけ、丁寧に入れ歯を作成します

患者さまお一人お一人に合わせて、よく噛める入れ歯をお作りしています。 型取りの際には、既製品ではなく患者さまの顎の形に沿った個人トレーを製作したり、噛み合わせの型を念入りに取ったりなどして、その患者さまに合うように細部まで調整。材料にもこだわり、丁寧に時間をかけることで精度の高い入れ歯を作成します。

診療のご予約はこちらからどうぞ

お電話でのご予約

tel:072-959-4618

WEBからのご予約なら24時間受付け

WEB診療予約